陶芸教室むさしの
Home
教室案内
コース案内
教室Q&A
生徒作品
教室日記〜むさしのプラザ
リンク集
お問い合わせ









1日体験コース

 
自分で作った器でお茶が飲めたらどんなに素敵!でも、陶芸ってムズカシそう…。 大丈夫です!粘土に触れるのが小学生以来だという超・初心者のあなたも スタッフがやさしく簡単陶芸をお教えいたします。さ、あなたもLet's チャレンジ !

入学金不要。
各曜日の午後2時より行います。(予約制)
費用 3,000円
(材料費、焼成費込み 受講時間2時間)
お申し込み、ご予約は
電話 0422-20-4881または、
hiro-musashino@fire.nifty.jp へ。
※作品の完成は、約1か月後 になります。ご連絡いたし ますので取りに来てください。
※上記以外の時間帯を ご希望の方はご相談 ください。

やさしく簡単な陶芸にチャレンジ!

ひもづくりで、マイカップを作ろう!
まずは底部分。
ヒビの入らぬようしっかりと叩きましょう。
講師の手つきを見ながら
粘土のヒモを作ります。
ヒモを巻き上げ、一段づつ締めながら胴部分を立ち上げていきます。
厚みはできるだけ均一にしましょうね。
空気が入っていると、壊れることもあるので要注意。
高さはお好みで。
え〜と、これくらいかな?
全体がやや乾き始めたらハンドル(取っ手)付けにかかります。
位置と大きさで持ちやすさが決まります。
しっかりと接合しないと乾燥時や焼成時に剥がれてしまうので念入りに。
我ながら可愛いマイカップが出来たみたい!
どう?先生…!
タタラづくりで、小鉢を作ろう!
タタラとは粘土でできた薄い板。
麺棒で伸ばします。
手打ちパスタかおソバでも打つようですね。
伸ばした板を半球の石膏型にかぶせます。
タンポンで叩いて形づけます。
お好みの深さにそって、ふちを切り落としました。
高台は3本足に。
安定感があります。
ふちに添って竹ひごでラインを入れ、おしゃれなアクセントに。
足が乾きだし歪まなくなったタイミングを見計らい逆さにひっくり返します。
石膏型をそっと抜けば出来上がり。ずっと逆さで作業していたので現われた形に新鮮なオドロキ!
石膏型と粘土の間に入れたガーゼの布目が写し取られ、オシャレ〜!

素焼の完成。
この後釉薬を施し本焼の窯に入ります。

本焼の完成です。
久しぶりにご自身の作品とご対面!


「スゴ〜イ!傑作です。 たったひとつの私の宝物ができました!この灼けた感じがいいですね。 さっそくお茶が飲みたいです。」と H.N さん

「作る時も楽しかったけれど、出来上がって見たらもっと大感激! これから陶芸が本格的な趣味になりそうです。」と H.K さん


体験コースでは4種類の釉薬からお選びいただけます。
奥左から、土灰釉、天目釉、手前左からチタンマット釉、中萩釉


Copyright (C) 2005 Tougei-Musashino. All Rights Reserved.
Powered by ISOLA Communications.